コウモリを駆除する時期|害虫に対する知識は得ておこう|ハチ駆除を依頼できる業者選び
紳士

コウモリを駆除する時期

コウモリ

日本に生息しているコウモリの多くはアブラコウモリです。これは家屋の天井裏に生息する世界でも珍しいコウモリです。そのため、日本ではイエコウモリという別称も持っています。大きさとしては10センチ未満で体重が10グラム程度です。コウモリの中でも非常に小さいものに分類されますので、家に侵入しやすいです。コウモリの侵入を塞ぐのは容易なことではありません。しかしながら、忌避スプレーを使えば一時的にコウモリを排除することができます。コウモリは糞をする場所が決まっていますので、まず糞の塊を探します。その周辺に忌避スプレーを噴射しておいて、コウモリの侵入口や出入り口がないか徹底的に探します。そうして金網などで塞ぎます。これでコウモリ駆除ができます。

コウモリ駆除で重要なことはその駆除をいつやるかという問題です。コウモリは夜行性の動物ですので、夕方頃から行動を開始します。そのため、この時間帯に駆除作業をすることがおすすめです。飛び立って巣に何もいないときに忌避スプレーなどを噴射しておきましょう。ただし、夏場の時期はコウモリ駆除は控えた方がいいです。それというのも、コウモリは7月から8月にかけての時期が繁殖期にあたるからです。コウモリ駆除が非常に難しいのです。コウモリにはダニやノミも寄生していますので、コウモリが近くにいることで二次被害をもたらすことがあります。稀ではありますが、コウモリの糞は空気中に飛散してしまって感染症を引き起こすこともあります。このような害がありますので、コウモリ駆除はきちんと行いましょう。